ワンピースクイーンの能力解説!ブラキオサウルスや殺人ウイルスで手強そう?

今回はONE PIECE(ワンピース)百獣海賊団の大看板疫災のクイーン

百獣海賊団といえば、動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者集団で有名ですが、クイーンの悪魔の実の能力は一体何なのでしょうか?

クイーンと言えば、最近キレのあるダンスや驚いた顔が面白いと話題です。

ルフィのボケにも冷静にツッコミを入れたり顔芸が面白かったりなキャラ。

しかし、殺人ウイルスをつかったり、悪逆武人な場面もあります!

ワノ国編で今話題のONE PIECE(ワンピース)のクイーンの能力や戦闘シーンをまとめてみました。

 

クイーンの悪魔の実はブラキオサウルス!

クイーンの悪魔の実の能力はリュウリュウの実古代種ブラキオサウルスです!

めちゃくちゃでかいですね。

ビックマムの3〜4倍はありそうですよね!?

この長い首を使って攻撃をするのでしょうか?

ワンピース984話で恐竜の能力者のタフさが異常なことが分かりましたね。

実際ビックマムの攻撃を受けてクイーンはダウンこそしたものの、すぐに立ち上がって反撃をしていましたね!

しかも、元気に顔芸しながら、部下に指示を出し鬼ヶ島に戻っていていました(笑)

すごいタフだな!

さすが四皇カイドウの大看板のうちの一人だなと思いました。

 

クイーンは機械や殺人ウイルスも使える!?

クイーンの異名は疫災のクイーンです!

その異名の意味が明らかになりました。

 

殺人ウイルス疫災弾(エキサイトダン)

この殺人ウイルス疫災弾(エキサイトダン)打たれた箇所から全身に向けて熱くなり、血が吹き出しまるで干からび腐った植物のようになるみたいです。

この疫災弾が、疫災のクイーンと呼ばれる由縁だったんですね!

しかも、ダイフゴーが言っていましたが、「触れるだけで他の人間に移すという”人間兵器になる”」と。

聞いただけで恐ろしすぎますね。

この疫災弾、クイーンが研究した傑作で、疫病にかかった人がミイラみたいになることから、奇病『ミイラ』と呼ばれているみたいです!

この悪趣味な疫災弾、明らかにシーザーの仕業なんじゃ…。

シーザーも毒ガスの研究やらしていて、ドフラミンゴはカイドウと手を組んでいましたよね。

もしかしたら、シーザーとクイーンの共同開発かシーザー本人が作ったものかもしれません!

 

左腕が機械

クイーンの左手は機械になっています。

ダンスが好きなところ体の一部が機械になっているって、フランキーとの共通点がいっぱいありますね!

戦うときには恐竜になったクイーンですが、この左手は戦闘では使わないのでしょうか?

使うとしたら、疫災弾を仕込んでるとか!?

フランキーみたいに腕が伸びたりしたら面白いですよね。

 

クイーンの戦闘シーンや技紹介!

クイーンの戦闘シーンですが、まだ情報が少ないのでわからないことが多いです。

おそらく、リュウリュウの実の能力者であるドレークと同じような戦闘の仕方をするのではないでしょうか?

ということで、現在わかっているクイーンの技について紹介します。

 

無頼男爆弾(ブラキオボムバ)

唯一出ている技が無頼男爆弾(ブラキオボムバ)です。

ブラキサウルスの姿でのただの頭突きですwww

威力はありそうだけど、避けようと思えば避けられそうな…。

しかし、図体がでかいので避けるのは難しいか〜。

どちらにしろ情報が少ない分、クイーンの戦闘シーンが楽しみですね!

個人的には、疫災弾使わずに戦って欲しいところです。

 

まとめ

今回はONE PIECE(ワンピース)のクイーンの能力についてまとめてみました。

クイーンの変顔は面白いですが、ブラキオサウルスの能力もタフそうで、何より殺人ウイルス疫災弾がかなり厄介かなと思いました。

また謎が多いですが、左手の義手はどのような使い方をするのでしょうか?

これからのワンピース疫災のクイーンに大注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。