麦わらの一味の過去が悲惨すぎ!?まとめてみたら重すぎたw

今では総勢5600人を超える麦わら大船団を抱えた、麦わらの一味!

特に戦いの後では宴会をしたり、喧嘩をしたり、楽しそうな場面が多かったですよねw

でも…。

一人一人が歩んで来た悲惨な道と、背負った過去が笑顔の裏にはありました。

今回は麦わらの一味のメンバーの悲惨な過去を書いてみようと思います!

それでは、よろしく。

 

麦わらの一味の過去が悲惨すぎと話題!?

SNSでは麦わら一味の過去が悲惨だとの声が上がっていますよ!

 

麦わらの一味の過去が悲惨すぎるって声が多くあります。

一体誰に、どんな悲惨な過去があったのか…。

今回は麦わらの一味に加入した順番に、悲惨な過去をまとめてみようと思います。

涙腺が弱い方は、是非ティッシュとハンカチをご用意してご覧下さい!

 

麦わらの一味の悲惨すぎる過去まとめ!

誰にどんな過去があったのか、気になりますよね!

何度見ても涙してしまうシーンが沢山ある中で、外せない過去をまとめてみようと思います。

では皆さん、心の準備okみたいなので、いってみましょう!

 

モンキー・D・ルフィ

まずは麦わらの一味の船長であるモンキー・D・ルフィの過去を見ていきましょう!

 

シャンクスの腕を失う

ルフィが幼い時、赤髪海賊団に憧れ現在の四皇の一角『シャンクス』との出会いがありました!

ある日、ルフィはシャンクスを馬鹿にした山賊によって、海へ投げ込まれてしまうんです。

ルフィを助けようと、シャンクスはその身をもってルフィを助けたシーン、今でも頭から離れません…。

その時、シャンクスは片腕を失ってルフィは号泣するんだけど、助かって本当に良かった!

そう言ってルフィを抱きしめる感動のシーン。 

ワンピースの原点となったファンの心を掴んだ、神回とも言える悲惨な過去の一場面です^^

 

最愛の兄との別れ

マリンフォード頂上戦争で、本当の兄弟の様に大好きだった『エース』が死んでしまいます。 

ゴールド・ロジャーの子供でもあって、ルフィとは兄弟同然に育ってきたエース…。 

そのエースの処刑が、刻一刻と迫るワンピースの物語の大きな分岐点となった場面ですね^^

海軍本部に加えて、王下七武海VS白ひげ海賊団、インペルダウン脱獄囚、ルフィが共闘したワンピース初の一大決戦となったエース救出劇!

あと一歩で逃げれたエースは、当時海軍大将の一人だった『赤犬』の挑発に乗ってしまい…。 

死んでしまいます!

こんなルフィを見た事が無い!という程に、精神崩壊を起こしてしまうんです。

そりゃ当然…。

大好きな兄が、自分の腕の中で死んでしまうのだから。

この戦いでエースに加えて、偉大な四皇の一角でもあった『白ひげ』も同時に息絶えてしまうんです(泣)

こんな辛い過去が船長のルフィにもあった…。

だから、もう仲間は絶対失わない!

そう心に誓ったエースの死でもあった気がしますね。

 

ロロノア・ゾロ

海賊狩りのゾロの過去をまとめていきましょう。

 

目標としていた『くいな』の突然の死

ゾロが何度戦っても勝てない女の子で、ゾロのライバル的存在の子が突然死んでしまいます。 

くいなを目標としていたゾロにとっては、立ち直れない程のショックだったでしょうね!

ゾロって不器用で、感情出さない所もあるから…。

実はくいなが、好きだったのかも!?

とか考えると余計切なくなりますよね。

死んでしまったくいなに、いつか世界一の剣豪になったぞ!

そう言って欲しい。

 

ウソップ

狙撃手ウソップの過去も悲惨なものでした!

 

幼い頃に父親が出て行き、母親を病気で亡くす

ウソップといえば、良く嘘をついてましたよね!?

それは病気の母親を励ます事から始まったんです。

母親に少しでも元気を出して欲しいから、海賊がきた、お父さんが帰ってきた!

と嘘をついてた、本当に心の優しいウソップにボクはいつも泣いてました。

村人も嘘ばかりのウソップの嘘には慣れて、相手にされない場面も多々ありました!

カヤをクロネコ海賊団から守った事で、お馴染み『ゴーイング・メリー号』と共に旅をする事になります^^

 

ゴーイング・メリー号との別れ

ウソップといえば、船の修理もいつもしてましたね!

大事にしてきたメリー号との別れが近づいて来てしまいます。

時は進んで、ウォーターセブン編~エニエス・ロビー編へ!

CP9に勝利した動けないルフィと他のメンバー…。

そこに!

もう船出は困難だと言われていたボロボロの船体で、ずっと旅を一緒にしてきた麦わらの一味をメリー号が助けにきます。

麦わらの一味には、もう一人大事な仲間がいた!それがメリーなんです。

 

サンジ

麦わらの一味のコックのサンジには、こんな悲惨な過去が!

 

四つ子の中で、落ちこぼれ扱いをされる幼少期

ヴィンスモーク家の三男として産まれて、幼い頃から訓練を受けては落第生のサンジ!

父親からも見放されて酷い扱いを受ける事になるんです。

こんな小さい頃から、兄弟との差で酷い扱いをうけるなんて、ひど過ぎます(泣)

唯一の理解者が病弱な母親『ソラ』で、お弁当を作っては持って行ってあげる心優しいサンジ。

でも、父親はなんと…。

サンジは死んだ者として、鉄仮面をつけて地下牢に牢獄してしまうんです!

ここまで行くと、例え強い男の子でも心のダメージは相当大きいよね…。 

 

恩師ゼフとの出会い、そして別れ

地下牢から何とか逃げ出したサンジは、ゼフと運命的な出会いをします。

海に落ちた幼いサンジとゼフは無人島で85日にも及ぶ生活を過ごすんです。

少ない食料を全てサンジに食べさせ、ゼフは自ら切断した自分の足を食べて飢えをしのいだ…。

見ず知らずの子供に、どんだけ優しいの!とボクは泣いたの覚えてて、忘れられない!

その後、海上レストランでゼフから料理を学び、ルフィの仲間になる日が来ました…。

命の恩人、料理の師匠の様な彼は温かくサンジを送る時、サンジは今までの感謝の気持ちをサンジなりの最上級の言葉にしてゼフや仲間に送ります。(ここも、泣く。ヤバいです…) 

恩師のゼフ、サンジを変わらない目で見てくれた母の存在がサンジをここまで強くしたんですよね!

 

ナミ

財宝お宝に目がない、麦わらの一味航海士ナミの悲惨な過去には涙します!

 

命の恩人、ベルメールを目の前で射殺される

1歳の戦災孤児の頃から、本当の家族の様に育ててくれた母親の様な『ベルメール』さん!

元海軍将校のベルメールとナミ、3歳の頃から家族の様に育ったノギコとの幸せな生活は長くは続かなかった…。

ココヤシ村に突如現れた、魚人海賊団のアーロン一味に村を占拠されちゃいます。

アーロンは、10万ベリー払える人間だけ許してやると村人を脅して、ベルメールの所持金は20万ベリーしかなかったんです。

自分の身を守るか、子供二人を助けるかの選択を迫られます…。

そして出した答えは、自分の命を犠牲にして子供を守った、なんとも元海軍の正義ってモノより、何より本当の子供の様に育ててたんだよね(泣)

そしてナミの目の前で、ベルメールは射殺されます!

こんな幼少期に大事な人が目の前で殺されたナミの回、沢山の人は涙した事でしょう。

 

トニートニー・チョッパー

麦わらの一味の船医チョッパーにも悲惨で辛い過去が!

 

ドクターヒルルクとの出会い、つらい別れ

怪我をしているチョッパーを、ドクターヒルルクが見つけ治療をしてあげた事から、人間の優しさを少しづつ知っていくチョッパー。 

でもヒルルクは、すでに重い病で生きていられる時間に限りがあったんですよ。

その事を知ったチョッパーはヒルルクを治したい一心で、知らずに取って来た猛毒のキノコで治そうとする…。 

猛毒がある事を知っていたヒルルクはチョッパーの優しさを無駄にせず、飲んでしまうんです(泣)

自分のせいでヒルルクの容体を悪くさせたと悲しむチョッパーに、このキノコで死んだのではないと言い残して、薬品を飲んで爆発して死んでしまったんです(泣)

こんなに優しい人に出逢えて、短い時間でも一緒に生活ができたチョッパーは、本当に幸せ者だとボクは思う!

死んでしまったヒルルクには、この国に桜を咲かせたいっていう夢がありました!

そして麦わらの一味が出航の時、空には冬に咲く奇跡の桜を見るのでした…。

ドクターヒルルクの夢が叶った、チョッパーの船出を祝福するかの様な奇跡の桜だったんですね!

 

ニコ・ロビン

麦わらの一味、考古学者ニコ・ロビンの誰もが涙してしまう悲惨な過去を見て見ましょう!

 

バスターコールによって、全てを無くしてしまう

幼少期から悪魔の子と呼ばれて、気味悪がられて育ったニコ・ロビン!

出た行った母親が海軍に捕まってしまった事で、故郷のオハラで行われていた研究を政府に嗅ぎつけられてしまうんです。

そう、有名な『バスターコール』の発令のきっかけを彼女自身が作ってしまうんです。

毎日通っていた図書館、考古学者の仲間達、母親もバスターコールで死んでしまい全てを失います!

こんな幼い子が、悲惨なバスターコールを体験し、母親も失ってしまうなんて、つらすぎる…。

 

死にたい!麦わらの一味を命がけで守ろうとする

政府の目が麦わらの一味、仲間に向けられた事を知るニコ・ロビンはある決断をします!

自分さえ居なくなれば、皆助かるんだと…。 

全てを知った麦わらの一味は、ニコ・ロビン救出を心に誓います。

ここ、ホント号泣回ですよ!

ルフィの生きたいと言え!の言葉に対してロビンは…。

涙で顔もくちゃくちゃになりながら、生きたい、そして一緒に海へ連れてってと叫ぶ! 

涙なしには見れないシーンなんです(泣)

こんなつらい過去を抱えて、仲間と航海を続けるロビンにまた涙…。

 

フランキー

麦わらの一味の船大工、フランキーの過去も悲惨なものでした!

 

船大工トムとのつら過ぎる別れ 

フランキーは幼い頃、海賊の親に捨てられ、大恩人である魚人で船大工のトムに拾われるんです。

トムの弟子として兄弟子のアイスバーグ、フランキーは船大工の技術を学びます!

でも、そのトムさんにゴールド・ロジャーの海賊船を作った罪で死刑宣告が…。

その頃ウォーターセブンと他の島を結ぶ『海列車』の開発に貢献する猶予をもらって完成!

しかし悲劇は続きます。

次は『古代兵器プルトン』の設計図を隠し持っていたトムさんが政府に罪に問われます。

自分の恩師でもあって、父親の様に思ってたトムさんは、エニエスロビーで処刑されてしまうんですよ。

このトムさんが本当に良い人で、リアルでそんな恩師が処刑されたら、ボクなんて立ち直れない(泣)

恩師を亡くして、アイスバーグとフランキーは表と裏で支え合ってウォーターセブンを守ってたんだよね、そういう友情めっちゃ好きです!

 

ブルック

愉快な音楽で場を盛り上げる音楽家、ブルックにも悲惨な過去が!

 

元の海賊団で生き残ったのは一人だけ!

生前のブルックはルンバ―海賊団で音楽家兼剣士というムードメーカー的な存在でした。

ある日、群れからはぐれたアイランドクジラに『ラブーン』と名付け、岬に住むクロッカスと言う医師に預けます。

なんと心優しい海賊団なんだろう!

その後、魔の三角地帯で海賊と交戦して仲間と共に毒を喰らって死んでしまいます…。

ヨミヨミの実の能力者であったブルックは、魂だけとなって自分の体を必死で探して、やっと見つけたと思ったら白骨化してました!

ブルックの回想シーンって皆さん覚えてますか!?

音楽に合わせて海賊達が宴をしているシーンって、なんか泣けます(泣)

その中で生き残ってるのは自分だけで、長い間幽霊船の中で一人で過ごしてたんですよね。

そこに現れた麦わらの一味と運命的な出会いがあり、仲間となって遠い過去、岬の医師に預けた『ラブーン』との再会を果たすんです!

もう感動です(泣)

ブルックが麦わらの一味で、本当に場が和んで、頼りになって、歌も良くて最高だよね!

 

ジンベエ

麦わらの一味操舵手、ジンベエ親分にもこんな悲惨な過去があったんです!

 

魚人と人間、どちらが悪い!?

仁義に厚く、魚人島の民は知らない人等いない程に人望のあるジンベエにも辛い過去がありました。

かつては人間に対しても否定的で、オトヒメの活動にも賛同はしていませんでした!

人間と魚人が仲良く!?

ふざけるなーって感じでしょうね。

でもタイヨウの海賊団の日々の行動、コアラとの出会い、マリージョアを襲撃して奴隷解放を成功させた『フィッシャー・タイガー』の意をくんで、次第に気持ちに変化が現れます。

魚人島編で明かされた、ジンベエの気持ちの変化や、過去にあった魚人と人間の悲劇を思って、ナミに謝罪する場面もありましたね。

ルフィを助けた場面も多く、仲間になってくれた時はボクは本当に嬉しかったです!

 

まとめ

今回は麦わらの一味の悲惨な過去についてまとめてみました!

楽しそうに笑って宴会をし、時には喧嘩もして、いざという時には凄い団結力の麦わらの一味。

でも笑顔の裏には悲しい過去をそれぞれが抱えた、麦わらの一味だったんですよね!

辛い過去があるから、仲間を大事にできる。

一人一人の過去を知る事で、もっと麦わらの一味が好きになるのではないでしょうか!?

ではこの辺にしておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。