ワンピースの河松は何の魚人?カッパを名乗る理由が判明!

ONE PIECE(ワンピース)の赤鞘九人男の一人カッパの河松は魚人だったんですね。

私は河松が登場するまで、日本で一番有名な妖怪の名前(河童)を借りたのかと思っていました。

まさか魚人だったとは思いませんでしたね。

それにしても河松ってすごく可愛いフォルムしてますよね!?

これはマスコットにしたいレベルの可愛さです(笑)

そんな河松の過去編が少ししかでていませんがなんとも切ないんです。

今回はワンピースの河松が魚人であることについてまとめてみました。

 

ワンピースの河松の正体は魚人だった!

ワンピースのワノ国編ででてきた赤鞘九人男の一人、カッパの河松が魚人だったのですが、なんの魚人なのでしょうか?

 

河松はトラフグの魚人だった!

河松はトラフグの魚人でした。

囚人採掘場で毒のある魚を食べれたのはこのおかげかもしれませんね。

フグだから毒全般なんでも大丈夫なんでしょうか?

クイーンのエキサイト弾にも耐えられそうじゃないですか?

しかも魚人なので、絶対打ち水とか使えますよね!

そしたら河松は相撲も強いし毒も耐えられるし打ち水もできるしで最強です。

同じ魚人族とのジンベエとの共闘があったらみてみたいですね。

 

河松がカッパを名乗る理由は?

河松の過去編がちょっとしかでていないのですがすごく悲しかったです。

河松の過去は何があったのでしょうか?

早速行ってみましょう。

 

魚人だと差別されていた!?

皆さんシャボンディ諸島編覚えていますか?

魚人のはっちゃんが人間に【気持ち悪い】と言われて差別を受けていましたね。

河松が小さい頃に乗っていた船が沈み、ワノ国に流れ着きました。

流れ着いたのはいいですが、ワノ国でも魚人だからといって差別を受けていました。

河松は魚人だと差別を受けるからと母親に「カッパ」と名乗りなさいと言われカッパと言うようになったみたいです。

魚人というだけで嫌われて残飯ばっかり食べてきた河松。

もう切ないです。

ワンピースの世界では、魚人への差別文化って本当に根が深いですよね。

それにしても、ワノ国は大昔から鎖国国家なのに、魚人の存在を知っていて差別までするんですね。

ますますワノ国が謎ですよね。

 

まとめ

今回はワンピースのカッパの河松は何の魚人なのか、また河松の過去を調査していきました。

河松はトラフグの魚人でしたが、フグみたいに膨らんだらもっと可愛いですよね。

しかし、河松の過去がかなりひどいことが明らかになりましたが、おでんに拾われてよかったですね!

ワンピースのワノ国編は現在佳境になってきたのでこれからの展開が楽しみです。

河松の本気の戦闘シーンが早くみたい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。