ワンピースハンコック死亡説!?海軍に捕まり敗北の可能性!

ONE PIECE(ワンピース)に登場するボア・ハンコック

メロメロの実を食べた能力者で、その美貌と能力であらゆる人を虜にする力を持ちます。

見下ろしすぎて逆に見上げているようなポーズを取ったり、自らが「美しいから」と言う理由で何をしても許されると断言したり。

海賊女帝と言われるだけあり、かなりの女王様気質ですよね!

そんなハンコックですが、王下七武海の撤廃により、海軍に敗北し死亡する説が出ているようなのです。

今回はONE PIECE(ワンピース)ハンコックの死亡説について考察してみました!

 

ハンコック死亡説って本当!?

王下七武海制度の撤廃により、再び追われる身となったハンコック。

王下七武海に加入する程の強さを誇るハンコックが、海軍に敗北し死亡するなんてことがあるのでしょうか?

まずは死亡説が本当に出ているのかどうかを探してみました!

 

明確な理由を元にしたものは少なかったですが、確かに死亡説は多数見られました。

ですが、同じだけ多くみられたのは「拿捕された」の声。

ではなぜそんな声が多かったのでしょうか?

死亡説と合わせ、考察していきます!

 

ハンコックは死亡?投獄?

ハンコック死亡説と同じ位声が上がっていた「拿捕された」の声。

果たしてハンコックは今どうなっているのでしょうか?

考察してみました!

 

なぜ捕まった説が出ているの?

こちらはもう答えが出てますよね!

ドレークと電伝虫でコビーが話していた際、自らハンコック拿捕に向かっていると言っていました。

王下七武海制度の撤廃で、再度追われる立場となったハンコック。

ただの海賊として捕らえるべき対象に戻った彼女を捕まえるために海軍たちも血眼になっているようです。

このシーンがあったためにハンコックが捕まっているのではと言う説が出ているようですね。

 

ハンコックは捕まっている?

そもそも、ハンコックがそんなに簡単に捕まることはありえるのでしょうか?

ハンコックのメロメロ甘風(メロウ)相手を石化する能力のため、かなり強力なものであると推測されます。

ですが、モモンガ中将に関しては技を受けた瞬間、自らの手をナイフで刺した痛みでごまかしていました

つまり意識を別のところへ向ければごまかせてしまうということ。

ある程度の手練れであれば、あの技はかわせてしまうかもしません。

元七武海を捕らえに行かせるとなるとある程度強い軍人を行かせるはずですので、ハンコックを捕らえられると考えても全くおかしくありませんね。

 

死亡説が出ている理由は?

実はハンコック死亡説に対しての信憑性の高い伏線があったわけではありません。

本編と関係ないところになりますが、作者から視聴者へのメッセージの中にハンコックの身に何かが起こると匂わせる発言がありました

それが原因となって、ハンコックが死亡してしまうのでは!?という流れになってしまったようですね。

死亡説に関しては少し信憑性に欠けてしまいますが、本編中に「拿捕」というワードが出ている以上、拿捕の可能性としては高そうですね。

恐らく中将クラスと対峙することになった場合、ハンコックの敗北もありえるのではないでしょうか。

 

まとめ

さて、今回はONE PIECE(ワンピース)ハンコックの死亡説について考察してみました。

結論から言って、死亡説の可能性は結構低そうですね。

ただし、海軍に敗北し拿捕されるという可能性は意外と高いのではないかという考察になりました。

元七武海拿捕を目的としているというのに、たった数名で臨むとは考えにくいですよね!

コビーはもちろんですが、他にも手練れの中将少将は複数名いるのではないでしょうか。

いくらアマゾン・リリーの戦士たちが強いと言っても戦力差はありそうですね。

女王様気質に加え、最近はルフィへの反応が可愛いと人気の高いハンコック。

ぜひとも死亡説は外れて欲しいものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。